スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

スマホから。

今日はショーゴッタの家に。

冬だが、暑い世界だった。

スマホから。

昨日の夜

お?雪、結構降ってるな?

そして今日の朝

思っていたより積もっていた。

明るいな。

これが・・・『優しい家』です。

この間、

ジョジョのスピンオフ作品、岸辺露伴は動かないという短編集を読んだ。

面白いッ!!!

なので、突然ですがその短編集に影響を受けたので、物語を書こうと思った。

しかし影響を受けたといっても、漫画とは関係ないです。

そしてこの記事も、今作品を作りながら書いているので、

内容がどうなることやら・・・

あ、一応シリーズ化とする予定はなかったはずですが、

http://hakugindori.blog32.fc2.com/blog-entry-2038.html

http://hakugindori.blog32.fc2.com/blog-entry-2040.html

http://hakugindori.blog32.fc2.com/blog-entry-2042.html

この三つの記事(2011年の記事)に統一性がありましたので、

まぁ、先に読んでみるのもよろしいし、別に読まなくてもいいでしょう。

では、物語をお楽しみください。




ヨッシー 「ほっほっほっほっほっほっほっほ」


マリオ 「社長」


ヨッシー 「何かな」


マリオ 「遊園地作りませんか」


ヨッシー 「え」


マリオ 「遊園地ですよ 遊園地 ちょっとこの地図見てくださいよ」


ヨッシー 「あれ?これもしかして、廃遊園地っていうやつ?」


マリオ 「そうです」


ヨッシー 「ふむ・・・ちょっと怖いね?」


マリオ 「この元遊園地、都会からアクセスもしやすいですし、入場料も安い方だと思うんですよ」


ヨッシー 「うん」


マリオ 「それでいて、さらに園内のレストランの料理の味も絶品」


ヨッシー 「ほお」


マリオ 「はっきり言って、サイコーな遊園地だと思ったんですよ」


ヨッシー 「・・・では、何故、廃遊園地になったの? お客さんが来なくなったのが理由だよね?」


マリオ 「はい」


ヨッシー 「何故? 誰も来なくなったのか? 僕は今、非常に興味があるんだ」


マリオ 「その理由は・・・」


ヨッシー 「・・・」


マリオ 「施設がユニークすぎたんじゃないかと言われてるんですよ」


ヨッシー 「そうなの? ちょっと行ってみたいな」


マリオ 「今から行きますか? 遊園地側からすでに、視察の許可はもらっていますので」


ヨッシー 「さすがだ! では向かおう!」











マリオ 「到着しました。 ここが元遊園地」


ヨッシー 「意外と綺麗だね?」


マリオ 「はい。では、どの施設から回りましょうか」


ヨッシー 「さっきもらったパンフレット見て思ったんだけど、
      施設名だけだと、どんなアトラクションかわからないんだけど」


マリオ 「遊園地とは一般的に、お化け屋敷、ジェットコースター、レストラン
     などだと思われますが、この遊園地はその概念にとらわれていません」


ヨッシー 「興味深い」


マリオ 「試しにこの『優しい家』に入りますか?」


ヨッシー 「うん」


マリオ 「では僕は外で待ってますんで」


ヨッシー 「え? いや 君も入ろうよ」


マリオ 「いや、僕はこの遊園地の施設全て、どのようなものか知ってますので」


ヨッシー 「そうかい? じゃあ楽しんでくる」





ヨッシーはこのとき知らない


マリオが何を企んでいるのかを・・・




ヨッシーが『優しい家』に入った瞬間、外から鍵がかかる音が聞こえる


ヨッシー 「え!?」


その施設には窓がなく、真っ暗。


ヨッシー 「ねぇ? マリオ君!? 君、今、鍵をかけた!?」


マリオ 「ク・・・ククク・・・ クフ・・・」


ヨッシー 「え? 何笑ってるの? ねぇ 冗談はよして・・・」


マリオ 「アハハハハハハハーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!」


ヨッシー 「え?え!?!??ええ!!?!??!!?」


マリオ 「じゃあ、僕は帰りますんで」


ヨッシー 「え!? おい!!! 開けてくださいよ! ねぇ!!」



外からは返事が帰ってこない


ヨッシー 「・・・ はーはー・・・ ゲホゲホ・・・ くうう・・・」











ヨッシー 「冗談だろ!? オイ・・・」










ヨッシー 「開けてくれよマリオ君! 頼むよ!」







ガタン







ヨッシー 「ひ!!!!!!!!?????????」













ヨッシー 「誰かいるのか!!!???」


















ヨッシー 「・・・・・・・」



ヨッシー 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」



ヨッシー 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」










ヨッシー 「ぐわあああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!」



ヨッシー 「ああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」



ヨッシー 「怖くねええええええええええ!!!」



恐怖を紛らわすために、叫ぶ!


その時!


パッ



電気がついた



周りには大勢の人々が!


その中にマリオもいる!



マリオ 「社長」


ヨッシー 「・・・何だコレ!?」


マリオ 「これが・・・『優しい家』です」


ヨッシー 「え!?」


マリオ 「今、社長は突然鍵を閉められ、暗闇に閉じ込められました」


ヨッシー 「そうだね・・・」


マリオ 「その後、急に明るくなったかと思えば、大勢のヨッシーさんのファンが」


ヨッシー 「・・・」


マリオ 「これが、この遊園地の施設の一つ」


ヨッシー 「・・・くう! 良い場所じゃないか!!!」


マリオ 「まだ一つしか施設をまわっていませんが、遊園地のご購入の方は?」


ヨッシー 「買う」


マリオ 「ども!」


スマホから。

今日、ゼミのまとめをしたが、

黒鴉が語彙の話をしていたが、やはり適した言葉というのは知っていなければ使えないんですよね・・・難しい。

はい。

スマホから。

今日はバッグと本を買いました。

本は何冊か買ったんですが、そのうちの一つは、一般常識の本なんですが、面白い。

そのあと、家に帰り、ショーゴッタの家に。今日は彼の誕生日でしたので、恒例の誕生日プレゼントで、動画を事前に作っていたのだ。喜んでくれたようだ。ども。

スマホから。

今日は朝、途中からサッカーを見ました。勝ててよかった。今日は暖かかったかな。

昨日、実習から帰ってきた。その日記を書いてみようと思う。

昨日、

一泊二日の、ゼミに関する実習から帰ってきた。

今日はその実習の日記を書こうと思う。

朝、穏やかに目を覚ます。

色々準備した後、黒鴉氏の家に向かう。

黒鴉が登場した。表情は見てなかったが、きっと明るかったのであろう。

その後、駅に向かう。

駅に到着すると、伯爵(同じゼミの友人)がすでにいた。

そこからとある駅に向かい、その後、乗り換えて目的地まで向かう。

つまり、往復で四つの電車に乗りました。

目的地に到着。


駅から出ると、そこには広がる世界が。


うおおおおおおおおおお!!!


まずは、宿泊施設に荷物を置きに行きました。

外見はまるで館を思わせる・・・

中に入ってみよう

広い!!!!!!!

パアアアアアアアアアアアア

何だここは!?

いい場所だ・・・

しかし、雰囲気としては暖かいが、

廊下に鎧がおいてあれば、勝手に動きそうだ?

その後、森に向かいました。


因みに、公園内を案内してくれた人がいるんですけど、

面白く、良い人でした。

公園内を歩いていると、いい風景だな と思う場面もあったが、

色々と考えさせられる部分もありました。

自然の流れ・・・それに人間の手を加えて維持させることとは・・・良いことなのかどうなのか

そもそも正義・悪・・・ それは・・・ 勝手な価値観なのか・・・

気づくと明るかった空が、美しき夜に染まっていった

空を見上げれば満月が。

その景色はまるで絵本のようであった。


その後、宿泊施設に戻りました。

そこでは今回案内してくださった人の話と、

森を歩いた経験を合わせて、まとめる時間になった。

僕たちは意見を言ってみた。

それぞれが異なったことを言い、色々な視点から物事を語っていた。

答えは一つじゃない。それが表された時間なのではないだろうか?

その後、夕食の時間だ。

黒鴉 「御飯食べたいな!!!」

食べました。

美味しかった!!!


その後、再び案内してくださった人が現れた、

そこから午前1時まで話した。

まさか・・・ここまでの時間になるとは・・・

ほとんど先生と、その人との会話だったんですが・・・

いや、例えばアルコールなどが入り、盛り上がる内容だったらわかりますが、

そういう感じではなかったですからね・・・

まぁ良い話聞けましたよ。


因みにその夕食と次の日の朝食を食べた場所ね

ソファや暖炉があり、

黒鴉 「まるでグリフィンドールの談話室だ!!!」

と言うセリフから

白銀鳥 「なるほど!!!」

と言いました。

良い空間でしたよ。料理を作ってくださった人も雰囲気が良かったです。

全体的に暖かい空間。


そして話し合いが終わったあと、お風呂に。

1人用のお風呂なんだな~

お湯が出ない・・・だと・・・

いや、温度調節とかしてるんですけど・・・

まぁお湯が若干あったので良かったですが・・・

その後、黒鴉がお風呂に。

すると、

黒鴉 「お湯出るだろーが!!!!!!!!」

何だと?

黒鴉 「少し待てばお湯になったよ~w」

待ったんだがな・・・


その後、寝る時間だよ

伯爵 「オレの携帯を目覚まし時計代わりに」

ども!


白銀鳥 「そろそろ寝るぞ 電気消すか?」

伯爵 「はい」

黒鴉 「うひひひひw」

電気を消した


黒鴉が携帯か何かを使っていたので、

黒鴉の顔だけが、暗闇の中で浮かんでいた。

まるでそれはホラーのようであった


バ!!!

僕は急に起き上がり、笑い出したかと思うと、布団に入った。

この行動により

黒鴉 「おもちゃかと思った・・・」

なるほどと思いました。

その後、その空間の良さからすぐに眠りにつくことになった。


朝、目を覚ましたが、布団に入っていると、

黒鴉が起き上がった。

その後、朝食の時間に。

朝食も美味しかったです。

話が少し変わりますが、宿泊施設には僕たち以外に、

1人で来た人がいたんですけど、雰囲気が良かったですね。

その後、朝の森を歩きました。

前日に森を案内してくださった人も一緒にね。

そして宿泊施設に戻り、別の場所へ向かいました。

その途中で施設を見たり、団子を買って食べた。

美味しい!

その後、役場で話をしましたが、

何だ・・・?

なんか、色々とおかしかったな・・・

今までのゼミ関連で話してきた人と違ったな・・・

これが役場の雰囲気か・・・?いや違うだろ?

ここだけかな?

その後、帰る時間になりました。

電車に乗って帰りましたよ。


全体的に、色々学んだ部分もありますが、

面白かったです。

強い心を。

この間、

雪が振りましたが、今日は暖かかった。

作業。

最近ゼミでは

ボイスレコーダで会話を録音し、

それをパソコンで文章化

という作業を行うことがありますが、

個人的にはそういう作業楽しいと思ってます。

そして、それを読むのも面白いね。

会話と文章では、また違った面白さというのがありますね。


話変わって、昨日ぐらいに、ウチの近くで雪が降りました。

はい。

マインドマップを作ってみた。

白銀鳥

こんにちは。

この間、マインドマップ関係の本を買って、

それを読み終えたので、昨日、マインドマップを実際に作ってみたのだ。


マインドマップ

これがマインドマップである。

まぁ、簡単なものを作ってから、このカラーのマインドマップを作ったんですけど、

とりあえず、趣味・大学・人柄としました。

まぁ、書いてみて思ったのは・・・

もっと色々なことやらないと駄目なのかなぁ・・・と思いましたね。

ほとんど趣味しか書かなかった。(書けなかったのか・・・?どうだ)

まぁでも書いていて、面白かったです。

新たな発見があったり、

自分はこのような人間なのか、今までこういうことをやってきたのか

など、色々理解することができる。


因みに話変わりますが、この写真はスマホで撮影したものである。

文章はパソコンで書いてますがね。

はい。

簡単に漫画を紹介するぜ。

僕の好きな漫画を紹介するぞ!!!!!!!!!

とはいってもね、今まで色々読んできたんで、

それ全部紹介するのは難しい。

そうだなぁ・・・とりあえずジャンプ作品の三つだけ紹介する。

まぁ、マンガの紹介の順番はランキングではないですよ。

とりあえず簡単にですが紹介するぜ。



NARUTO

ナルトだあああ!!!

このマンガは僕が小学校の頃から読んでいる。くー!

ランキングとかは関係ありませんが、僕の一番好きなマンガですよ。

忍者マンガ!しかし最近は・・・何だ?忍術なのか・・・?

まぁ良いさ!暑い漫画なのだ。



BLEACH

このマンガはクールだぜ。

これも小学校の頃から読んでる。

今のところブリーチは五つの章があって、

現在その最終章をやっている。

まぁ・・・個人的にはやはりソウルソサエティ篇が楽しいですねぇ・・・

個人的にはアランカル篇もいいと思っているが・・・

千年血戦篇も面白いとは思うが・・・話の速度が遅すぎないか・・・?

どうかな・・・


ジョジョの奇妙な冒険

実はこの漫画、今までうちに1部~8部(連載中)まで全巻あったんですけど、

最近まで読んでなかったんですよ・・・

それで今年の夏休み前ぐらいかな?最初から読んでみた。

そして思ったね

面白すぎる!!!!!!!!!!!!

ぱあああああああああああ

こんな漫画だったのか・・・今までは絵が苦手(?)だったので読んでなかったが。

今は8部の途中まで読んでますが。

まぁ、8部の新刊まで読み終わったら、また3部あたりを読み直そうと思ってる。

今のところ3部が一番好きかな。

僕はこの漫画に影響を受けて、大学のとある友人を「ジョースターさん」と呼んでいるぜ。

面白いぜこの漫画。



とりあえずこの三つの作品が今のところ三大漫画ということで。

暑いぜ。

自分研究。

新しいカテゴリ作りました。

「自分研究」という名前

まぁ、「自分を見つめる」とか「自己探究」とか少し考えましたが、

シンプルに「自分研究」にしました。

では、このカテゴリについて説明します。

まず、大学三年生ということで、就活がありますが、

その活動には自分を見つめることが重要である。

自分とは一体どんな人間なのか

今までどのような活動をしてきたのか

成長したのか?オイ

これからどういう人間になりたいのか

自分の趣味は何だ?

など・・・

まるで無限にありますね

それらをまとめるカテゴリになればいいなと思っています。

まぁ、このブログで最も使っているカテゴリである「普通日記」で

こういう記事を書けばいいかと思っていたんですけど、

このカテゴリは自分で読み直す割合が高いと考えられるからである。

まぁこのカテゴリを他の人も読んで「なるほどね!!!」とか思ってくれれば

僕も嬉しいと思います。

まぁしかし、一応このカテゴリは自分用に書いています。

いずれはこのカテゴリで絵を描いたりするかもしれません。

意外と自由なカテゴリになるのかな。

これからも、よろしくお願いします。

なるほどね、なるほどね。

二日前、

学校に授業ではなくフォーラムを受けに行ったんですが、

その日、建物に入るときに、外国人と日本人(?)がいるなと思った。

そして

日本人 「すみません、写真撮ってもらっていいですか?」

はい。

ということがあった。

まぁ、日曜日は森に、ゼミの人たちと回りました。

その目的としてはヒアリングの練習とか、まぁ、会話でしたね。

会話はボイスレコーダーに録音して、それを文章化するという作業をしました。

まぁ、それをやっていて思ったこととしては、思ったより疲れるね。ということだ。

まぁ、楽しめましたけどね。作業ね。

おほほほほほ。

今日も暖かかったかな。

はい。

スマホから。

今日はゼミの人と森に行きました。その人にうちのセキセイインコのルビーちゃんを見せました。今日は暖かかったかな。

スマホから。

今日は授業ではなかったが、順必修のようなフォーラムが今日の1日だけありましたので、午後から学校に行きました。

それで、近くに中学まで同じだったコゲさんに似ている人が座っていたが、良い意味で存在感あったね。

良い人みたいでした。

スマホから。

今日は

ショーゴッタと札幌に行ったが、色々楽しかったな。そういえば、自転車で駅まで向かい、そこから電車に乗って札幌に行ったのだが、その最初に電車を乗る駅で、前にショーゴッタと僕と一緒に映画を見たYA氏がいた。札幌に到着してからは色々まわったぜ。普段は入ることがないような店とかにも行ったが、楽しかった。

意外と暑かった。

FC2 ブログランキング

 ← クリックよろしくお願いします。

管理人は誰だ?

白銀鳥

Author:白銀鳥
僕は白銀鳥。

カレンダー 夏か。

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索 探せる!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。