FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

複雑な迷宮をもう少し簡単に攻略したいね。

人間という記事を夏に書きましたが、

これから書くことは、それの続編というわけではないが、関係のある記事になると思う。

会社のイベントがあったのが夏の手前の季節か。

まぁその時期ぐらいから人との接し方というものに興味を持ち始めたと言ったら変だけど

前よりは気にするようになりましたね。

何か本を読んで勉強したい気持ちもあるが、そのような感覚的な話になってくると

本を読んで勉強するよりも、実際にコミュニケーションを色々な人ととった方がいいのかな

なんて思ったりもしていますが。

まぁ本は読んでないけど、ネット上では少し調べて読んだりしています。


まぁ、最近気づいたことというか、思っていることとしては

実際に話さないと、言葉を発しないと伝わらないこともある、ということ。

気づくのおせぇwwwwwwwwww

25歳にして最近気づいただと?ぱああああああああああw

態度や文字だけじゃあ伝わらないこともあるんだよねぇ・・・

例を出すと、感謝の気持ち

相手に対して感謝の気持ちがあれば「ありがとう」と思う。

しかし、今までだったら誤魔化していた部分もありました。

他の言葉に変換してね。

「どもw」

「すみません」

とかね。


しっかりと「ありがとう」とはあまり言えない性格だったんですよね。


だから、意識して「ありがとう」と言うようにしてますよ。


これは無意識に言えるようになったほうがいいの?わからんね。


まぁここまでの話は置いといて。

発言しないと何を考えているわからないという話になるんですけど。

これは相手にも言えることなんですよね。

相手が何を考えているのか・・・

相手を見ると、何も喋らず暗い表情のように見えても、

次の瞬間笑顔で話かけてきたり。

怒っているのかと思ったら笑顔。わからん


特に女の人ね・・・

会社の中で色々な人と会話するが、

その中で前の「人間」という記事にも書いたAさんもいるのです。

女性の考え方がね、わからないんですよね。


例えば。この間、飲み会に参加したのですが。

上司「Aさん。飲みにいくか?」

Aさん「行きたいですね。白銀鳥君も行こう!」

上司「ほっほっほw」


これは僕が上司に直接誘われたわけではなく、Aさんから誘われた

というような形になっております。

まず、なぜAさんは僕を誘ったのか?そこにどういう感情があるのか?

嫌われてはないよね。


飲み会にて僕の目の前で、Aさんが上司と話していた時の内容

Aさん「会社のイベントの帰りに白銀鳥君の車に乗って帰った」

Aさん「乗った瞬間すごい安心感があった」

上司「ほう!!!」

これ、僕はどういう気持ちで聞いてればよかったんだ・・・

とりあえず焼き鳥食べたよ・・・

まぁ、安心感というか、僕は人に対して怒らないからね・・・

怒り方がわからん。自分が怒った場面を想像できない・・・




後は、その会社のイベントをやる少し前に、

本社から事務の女性が来ていたんですよ。

その人に対して

Aさん「今度、本州の方に出張で行きたい。白銀鳥くんと」

本社の事務「いいね!二人で来なよ!案内するよ」


これ、二人で旅行みたいな形になるよね・・・

Aさんは嫌とは思ってなさそうだね。それは良かったと思ってます。

さすがに嫌っていたら誘ってこないだろうし。



あとは、月に何度か掃除日を決めて、

残業中に、事務所内の物置の掃除をしているんですけど、

基本的に僕とAさんの二人でいつも掃除していて、

少し前に掃除の日があったのだが、僕は工場の応援に行くことになったのでできない。

Aさんが一人でやるのかなと思ったが、

Aさん「白銀鳥くんがいるときに一緒にやりたい」

わざわざ予定の日をずらしてまで・・・とは思いましたが、悪い気はしませんでしたね。



まぁこういった感じで色々な場面で僕の名前を出してくるのですけど、

これはAさんがはっきり発言しているから、

こんな鈍感な僕でも何かを感じ取っているわけですね。



あとは細かい内容の会話は面白いですね

Aさん「風邪治ってきたさ」

ほwと思いました。


Aさん「鼻声だね。大丈夫?」

これに関して言えば、こんな僕を心配してくれる人がいるのかwと思いましたね。


あとは無言で机に何かおかれたと思ったらお菓子だったり・・・

僕も何かで返そうと思いましたね。


あと、僕は昼休み、時間があれば寝てるんですよ。

そして仕事に戻ると、

Aさん「髪ボサボサになってるよ」

こういう小さなことでも何か言ってくれれば

僕も何かを感じ取ることができるわけで。

これが何もなければ何もないままという感じですよね。


だから僕もお返しということで

Aさんが髪を切ってきたので

僕「髪切ったんだ」と言ってみました。

Aさん「髪切った!」

これも言わなければ何もない


その発言はその時の一瞬であっても、

記憶の中にはあるわけだからね。


もちろん悪口や文句は言わないよ。

このようにね、今までは無言で通してきた小さなこととかも

実際に発言することにより、光り輝く道を進んでいきたい。

複雑な迷宮でもゴールはある。

そしてその先に待つ自分を超えて

強くなるんだ。







んぱw
スポンサーサイト

DIR EN GREY The Insulated Worldのレビュー

アルバム発売から約1週間。

とりあえずアルバムを何度か聴き終えてのレビューを書いていこうと思う。

因みに完全生産限定盤を買いました。

このアルバムの印象としては、過去アルバムの中でも、かなり激しい部類に入ると思う。

歌詞に関して言えば、痛みが炸裂していた。これは過去一番。

歌詞は今まで聴いてきたDIR EN GREYのアルバムの中で一番尖ってる。

大丈夫か?と不安になる人もいそうだ。

それなのに一番愛を感じる。一番前向きになれるアルバム。

アルバム10作品目にして、そして結成21年にして、

ここまで激しく鋭いアルバムができあがるとは・・・凄いことですね。

前作ARCHEとは真逆の方向でビックリしました。

作品の雰囲気としては、Withering to deathみたいな感じで、

THE MARROW OF A BONEらしさもちょこっと感じました。

今回のアルバムで面白いなと思ったのは、

全曲の歌詞の内容に一貫性があるというか、

曲の内容が似ている。わざわざ曲同士の歌詞が似ているからと分けるのではなく、

曲を聴いて感じた言葉を書き殴った感じが出ていて、今までと違うなと思いました。

歌詞の内容についても、今までは周りに怒り等を撒き散らしていたのが、

京さん自身に向けられているのがわかりますね。

とりあえずここからは一曲ずつ感想をまとめていこうと思います。


1、軽蔑と始まり

まず、曲名を知ったときにはSEかと思ってました。

ただ聴いてみると、一曲目がこれかよ・・・たしかに始まりだなと思いました。

ARCHEとは完全に別の世界に行きました。

「それが迫害」という部分がお気に入りです。

迫力があって良い。


2、Devote My Life

曲名を見たとき、かっこよすぎと思いました。

この曲に関しては雑誌のインタビュー見て笑いましたね。

歌詞を見ればわかるんですが、

両親に向けての曲なんですよね。

インタビューにて

「自分こんなことやってるけど、親は悪くないよというのを伝えておかないと、と思って」

というのがあって、なるほどwと思いました。


3、人間を被る

シングル曲。

シングルバージョンとあまり変わってないかな。

この曲の歌詞もわかりやすいね。



4、Celebrate Empty Howls

この曲のメロディが好きです。



5、詩踏み

シングル曲。

これはシングルバージョンとは違いがわかりやすいですね。

これがシングルとかw尖ってる



6、Rubbish Heap

この曲はアルバムの中で結構気に入っています。

始まり方がクール。

「生きたい 生きたい 生きたいでしょ?」の部分は楽しい。

あとは歌詞の中で京都弁?みたいのがあるのも面白いね。

そして最後の最後にサビらしきメロディが流れて「うおおおおw」と思いました。


7、赫

この曲もかなり良い。

DIR EN GREYのこういった歌物の中でもトップクラスだと感じました。

ここにきてこんな名曲を作るだと?


8、Values of Madness

この曲もお気に入りだ。

アルバムの中ではかなり聴きやすい。

一時期はシングル候補だったらしいが、それから色々アレンジが変わったらしいですね。

サビが爽やかだ・・・

良いね。



9、Downfall

面白い曲だw激しいけど。

サビかっこいいよ。



10、Followers

この曲もお気に入り。

ファンに向けて書いた曲らしい。

とても綺麗な曲です。



11、谿壑の欲

イントロがホラー映画・・・

この曲も結構お気に入り。雰囲気が。

この曲は耳元で囁かれてるような感じがするなぁと思ったら、

インタビューによると、やはりそういう加工がされているみたいですね。

楽しい。



12、絶縁体

このアルバムでは長尺の曲。

この曲もお気に入り。

というかDIR EN GREYの長尺の曲の中で一番好きになったかも。

「信じる事 そうそれだけだ」

この部分がすごい響く。こんな歌詞が書かれるとは・・・

「誰が?」の後のメロディがやばいと思った。

ギターソロ。

かっこよすぎる!!!!!!!!!!!!!!!


13、Ranunculus

名曲。お気に入り。

この曲で救われる。

これだけ闇の部分を歌ってきたDIR EN GREYが

この闇のアルバムの最後で歌った曲で

「憎む為じゃないだろ?」

「叫び生きろ 私は生きてる」

と叫んでるのは・・・最強。






ということで、アルバム一曲ずつの感想はこんな感じで。

最新アルバムということもあるが、今のところ、

過去アルバムの中で一番気に入っています。

UROBOROSが発売されたときの衝撃も凄かったが、

今回のThe Insulated Worldもかなり大きな衝撃を受けました。

サビが一つしかないとか、サビがないとか、

そういった部分の考え方とかも、他のバンドとは全く違うところにいるなと思いました。

インタビューでは、「DIR EN GREYらしさを排除したアルバム」と言われていたが、

たしかにそうなった作品かもしれない

しかし、唯一無二の作品であることには変わりはないし、

DIR EN GREYじゃないと作れない作品であると感じました。

新たなDIR EN GREYという感じがしましたね。

楽しいですね。

The GazettE 札幌ライブ感想。

LIVE TOUR18 THE NINTH
PHASE #01 -PHENOMENON-
札幌わくわくホリデーホールのライブレポ

8月29日のライブを観てきました。
それの感想を書いておきますよ。

札幌駅から会場に行く途中、
The GazettEのライブに参加しそうなファッション、雰囲気の人がいるな~w
と思ったら、やはりそうでした・・・

早めに札幌わくわくホリデーホールに行ったが、Zepp札幌と違い、並んでいる人がいないだと?
ただ会場の周りには人が結構いましたね
とりあえずブックオフとかである程度待って、
開場30分くらい前には会場前で待機。
しかし、この会場は席も決まっているし、
並ぶ必要がないので開場時間に行ってちょうど良いのかと思いました。

開場に入ると薄暗い綺麗な空間。
僕の席は三階だったので移動。
席に座る。

眺めよし!!!
この独特な雰囲気・・・良いね・・・

ちなみにセットリスト的には、
自分が観たいThe GazettEの曲を羅列したような素晴らしいセットリストでした。
他にもまだ観たい曲はあったが、満足できる内容でした。

とりあえずいくつか曲の感想を簡単に書いておきます。







ライブが始まった。
SE99.999が鳴り響く












かっけぇwwwwwwwwwwwwwwwww











SEが流れると、大きな赤いスマイルマーク
今までのSEの集大成・・・!



メンバーの登場






わっはっはっはっはっはっはっはwwwwwwwwwwwwww


かっこよすぎる・・・がはぁ・・・



うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお


























01:Falling
なんだ・・・この迫力は・・・?


02:NINTH ODD SMELL
実際、アルバムではこの曲が二番目に好きかな?


03:DAWN
前アルバムDOGMAの中でもこの曲観たかったんですよ・・・!!!


04:GUSH
アルバムで一番好きな曲かな
ライブでは一番観たかった曲でもある。
踊れ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


05:CLEVER MONKEY
この時、自分が観たい曲がそのまま披露されてる・・・だと!?
という驚きもありつつ・・・
この曲も好きなんですよね


06:裏切る舌
この曲、アルバム聴いてて「お、良いね」くらいにしか思ってなかったが
ライブでこんな変わるのかよ・・・かっこよすぎてビックリした
今回のライブで良い意味で印象が変わった


10:籠の蛹
これも観たかった曲でした・・・この曲も良いんだよね


14:HEADACHE MAN
この曲の開放された感じの会場の雰囲気がすごかった・・・


17:UNFINISHED
爽やかな曲で本編終了



因みにアンコールとダブルアンコールがあったんですが、
アンコールでは
VERMINが観れた
イントロ聴いた瞬間に来た!!!!!!と思いました
この曲がライブで観れて良かった!!!
会場の演出がカラフルだったw





とりあえず、こんな感じの内容でした。




ちなみに途中でルキさんのMCがいくつかあったんですが、
結構面白かったw笑えたよ

ルキさん「今日初めてThe GazettEのライブに来た人もいるかもしれないんだけど」

客席で手を挙げる人

ルキさん「あ、君ね。君。でもね、君の他にもいるのよ」





ルキさん「The GazettEのライブはね、優しいから。」

ルキさん「なんでかっていうとね、ノリがわかりやすい」

ルキさん「まず、頭を振る。そして会場を揺らす。そして、頭を振る。この三つ」







なるほど・・・と思いました・・・




楽しかった。

人間。

どうもこんにちは。

管理人の白銀鳥ですよ。

まぁ久しぶりの更新なんですが、実は非公開になっている記事というものがあるんです。

まぁ誰もこのブログを見ている人いないだろうし、

いたとしても興味がないだろうから逆に公開してもいいのかもしれないけど、

まぁそれは時がくれば・・・という感じかな。

まぁその非公開の記事というのは、簡単に言えば人間関係のものである。

それは悪い内容ではなく、むしろ幸せなことであるように思う。

とりあえず、最近の人間関係の流れを客観的に見て、

「え?もしかして自分は鈍感な人間だったのか・・・?」と思いました。

まぁそれはこれから書く文章を見ればわかるかも。

因みにこの文章は誰かに向けてかいているわけではなく

自分の考えをまとめるというか、今後自分が行動する際に、

参考になればいいかなということで書いておく。

後は、書く内容は漠然と決まっているが、書きながら書きたいことが増えている。

そのため、まとまりのない文章になると思う。



さて書くか。

そもそも僕は人間の顔色を窺ったり、

人の些細な発言、行動などから察し、それをネガティブに捉えるタイプの人間である。

そして結構傷つきやすい。弱い人間である。

相手の雰囲気から、今相手はどういう気持ちでいるのかを考え、

どうしてそのような発言をしたのかを考える。

そして勝手に傷つく。

そして僕自身も、あまり表情が変わらないというのもあり、

それが相手へ悪い印象を与えてしまっているのではということも考えてしまう。


まぁ、こういった考えの人なんてのはたくさんいると思う。



ただ、そういった今までの自分と向き合う機会を与えてくれた

そして、自分が進化するチャンスを与えてくれた

そういう人物が現れたという話です。その人をAさんと書く。




そもそも僕はどういうキャラクターなのか。

基本的には暗い人間であると思う。

しかし、客観的にみてそういう風には見えないかもしれない。


普段仕事をしている上で、話しかけられることも、自分から話しかけることもたくさんある。

男女問わず。

僕はどのような人物に映っているのだろうか。

もともと人からは普通に話しかけられる方ではあったが、少し前から

少しいじってくる場合も多くなってきた。

自分の立ち位置というか、キャラクターが自分でも見えてきた。

いやむしろ本来の自分はこういう少しふざけたキャラクターなのではないか。

そう思えてきた。

ようやく白銀鳥という人間ができてきたのか・・・?

いやいやまだまだこれから進化していきますよ。


話変わりすぎ。

そんでもって、

ある時、連絡先を渡してきた派遣の女性がいた。

ただこの人が先ほどかいたAさんとは違うのですよ。

むしろこの人の考え、本当の奥底の考えというのはわからないが、

ただの連絡先交換というだけ。僕は何も感じませんでした。

そんでもってバレンタインデーでその人からチョコをもらう。

これについては「ありがとうございます」とだけ。

そしてその派遣の人はいなくなりました。

そしてそれから約半年後、

「○○さん(連絡先教えてくれた人)、白銀鳥くんのこと好きなんですよ」

上司「え?そうなの!?」

という会話を聞いてしまいました。

冗談だとは思ってます。しかし、冗談だとは思っていますが、

僕は何もしなくていいの?というという感じ。





そんでもってここからは最初に述べたAさんについて書こう。


去年の冬だったかな。

会社でケーキを買ったんですよ。

もちろん家族で食べるためにね。

それを見ていたAさん

Aさん「彼女と食べるの?」

白銀鳥「いや、ファミリーと」


今思えば・・・そういうことだったのか?と思いました。

まぁはっきりいって想像の枠を出ない。むしろただの会話だと思ってたので。

しかし、最近の流れを見ていると・・・という感じ。

去年の冬から始まっていたのか?

それから約半年が過ぎた今年の6月末。

ここから急に変わった。

お互いに。

今までなかったことが起こり始めたのだ。

これw書いてて面白いなw結構。いや笑い事じゃないよ。いや笑ってもいいのか。

今までAさんのことを何も知らなかったのに、

そしてAさんは僕のことを何も知らなかったのに、

この一ヶ月ぐらいでいっきに情報量が増えた。広がった。

本当に世界変わったかと思ったね。


今回の記事はここまで。

続きは書くかわかりません。

こんにちは。

どうもこんにちは。

管理人の白銀鳥です。

お久しぶりですね。

この日記が最後に更新されたのは

2017年5月2日

今日の日付は、

2018年3月3日。

約10ヶ月の時が流れました。

なぜ急に、このタイミングでこの日記を更新したのか。

まったく深い意味はありません。

ただ、更新したきっかけとしては、

二日前に、黒鴉が過去の話をしてきたことが大きいのかもしれません。

過去はこの日記に書かれているのです。

彼はこの日記の記事をいくつか紹介してきて、僕も久しぶりに読んでみると、


ちょっと笑える!!!!!!

あ、これが昔の自分かぁ

結構怖いな

と思いました。

長い年月を経て、なんとなく客観的に見れるようになったかな。

「色々な画像」カテゴリとかの記事を見てみると、結構面白いこと書いてるなとも思った。

自慢ではない。過去の自分天才か?いや違うはず。



過去は今に続き未来へ広がっている。

ということで、まぁまたこの日記を更新していくかぁ。なんとなく。



もう更新すること、ないんじゃないか・・・?という気持ちもありました。1%くらい。

まぁ何かあれば書いていくけど、だからといって前みたいに毎日更新とか、ないと思いますけどね。


表現方法として今は日記より映像化に進んでいます。

ただ、日記を否定しているわけではありません。日記は日記の良いところがあるのです。



さて、日記を久しぶりに書いたきっかけの話はこのくらいにしておきますか。


最近の管理人、白銀鳥は一体何をやっているのか!?!?!?!?!?!?


仕事してますよ。

ただ、この日記を更新していた当時とは、仕事内容変わってます。

これが白銀鳥の仕事の流れだ!!!


ガラガラガラァァァ!!!

事務所のドアを開け、タイムカードを入れる!!!早い!!

ガラガラガラ!!!もう一つのドアをあけ元気よく挨拶!!


「おはようございます!!!」


パソコンの電源を入れる!ポチ!

前日のチェックシートや日報を整理する

朝時間があれば事務所の掃除だ!!!


あ、時間だ

急いで工場に向かい、ラジオ体操と全体朝礼だ!!!

ラジオ体操、それは体を動かさなくなってきた我々を救うストレッチだ

スポーツ・・・やりたいなぁ



朝礼がおわったら事務所に帰る!!!やることが結構あるんだぁよ

基本的に一日のスケジュールとしては大雑把に言うと、

昼までに終わらせる仕事

14時までに終わらせる仕事

15時半までに終わらせる仕事

というように、大体の時間が決まっている仕事が結構ある。

テキパキ行動しないとまずいんだよぉ










ゲームの話すっか!!!!!!

まぁ、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド。

これは結構前にストーリークリアしてる。

結構面白かったなぁ。

だがしかし、ゼルダの伝説として見たとき「ちょっと、違うかなぁ」とも思ったが。

ゲーム自体は面白いぞ!!!だが、ゼルダとしてみると・・・ん~。

しかし、広い世界だなぁと思ったよ。フィールド全部まわったら、何時間かかるんだ?

そして、ストーリークリアしたけど、行ってないところ結構あると思います。

やってないイベントもたくさんあるわ。本当の全クリはまだまだ先だね。

ただ、今までのゼルダと全く違って、決められたゲームの進め方もなければ、

どんな場所でも歩いていけたり、壁を登っていけたりするのはすごいなぁ。

遠くにある山は、今までのゲームだと背景でしかないような感じでしたが、

このブレスオブザワイルドであれば、実際にその山は存在し、

山のてっぺんまで登っていけるのだ。

最後のハイラル城だって、わざわざ道なりに城に入りガノンがいる場所まで行かなくても、

城の壁を登っていけば辿りつける。

人それぞれの進め方があるのは凄いなぁと思いました。


ということで、久しぶりの日記でした。

こんな感じで、昔は日記を書いてましたね。

凄いな。



これからもよろしくお願い致します。

FC2 ブログランキング

 ← クリックよろしくお願いします。

管理人は誰だ?

白銀鳥

Author:白銀鳥
僕は白銀鳥。

カレンダー 夏か。

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索 探せる!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。